工数【1/10】の実績。初心者でも熟練ティーチング。簡単オフラインティーチングソフトRobotWorks。簡単操作・キャリブレーション機能で誤差を補正。

仕様&必要スペック

仕様

対応ロボット種類
1.6軸多関節ロボット(MOTOMAN DENSO ABB KAWASAKI KUKA FANUC STAUBLI)
2.ガントリーロボット(ロボットの有無に関してはお問い合わせ下さい)

必要ソフト
SolidWorks 2015以上(Standard以上)

モード
1.ツール(製品が固定で、ツールが移動するモード)
2.パート(ツールが固定で、製品が移動するモード)
3.ポジショナー(外部軸・リニア軸を使用するモード)※オプション

ティーチング箇所
1.CAD上のエッジ(ライン)・フェース(面)・点など
2.CAD上の任意点
3.空間ポイントに任意点

ティーチング自動化
1.CAD上の一部選択からティーチング箇所の探索(操作は始点と終点の教示のみ)
2.指定間隔おきにティーチング
3.不要ポイント削減(削減してもロボット動作に影響ないポイントを判定)
4.中間ポイント作成(加工箇所と加工箇所の間のポイント作成)
5.「PtoP移動」と「補間移動」を判断(加工箇所のみ補間移動)
6.円弧補間にできるポイントを円弧補間に変換可能
など

ティーチングポイント編集
1.姿勢と位置のオフセット(全体or部分)
2.滑らかに姿勢変更
3.障害物(治具など)回避
4.コーナー部分の解決(コーナーでの急激な移動を滑らかにします)
5.進入・離脱ポイントの作成
など

インストラクション(命令語)
1.移動命令以外の命令語もRobotWorks上で入力・管理が可能(移動命令は自動作成)
2.同様の加工ポイントが複数ある場合、1つの移動命令入力で自動複製

製品移動
製品の座標入力(またはドラッグ)後、瞬時に製品移動&自動再ティーチング
※再ティーチング不要です

ロボット位置・製品(ワーク)位置・ツール姿勢の最適化→サイクルタイム最小化
最適な位置・姿勢を自動詮索 ※リミット範囲内かつ最効率化

シュミレーション
再生・停止など

シュミレーション・ロボット検証 干渉チェック キャリブレーション機能
(別ページで説明させていただきました)

付加軸
1.外部軸 ※オプション
2.リニア軸 ※オプション

用途
アーク溶接・レーザー溶接・バリ取り・シーリング・肉盛り
カット(レーザー・ウォータージェットなど)・穴あけ・ローラーヘーム
塗装・洗浄
スポット溶接・ハンドリング←他の用途ほど効果(工数1/10)を望めませんが、設計の実績はございます。
など

外部機器との連結
以下の三次元測定器でティーチングする事もできます
★
1.マイクロスコープ
2.ファロー

 

動画撮影
シュミレーションや操作状況の動画撮影ができます

セーブ・ロード
全てのティーチングやデータをセーブ・ロードできます

インポート
以下のプログラムをインポートできます
1.テキストデータ(X,Y,Z,Rx,Ry,Rzなど)
2.CNC(3軸・5軸) ※オプションです
3.MOTOMAN ABB KUKA FANUC STAUBLI ※オプションです

必要PCスペック
1.OS:Windows7 Windows10
2.CPU:1GHz以上
3.メモリー:2Gbyte以上
4.ハードディスク:空き 2Gbyte以上

★


Open Source Sofware


PAGETOP